FC2ブログ

Appendix

プロフィール

Author:sato-g
セナ、ベルガー、亜久里たちとほぼ同世代のおっさんです。
老後も続けていける趣味としてプラモ製作を始めました。

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Latest Entries

RX-78-2 Gundam (BANDAI) 製作 003

内部フレームを塗装しますが、ガイアのガンメタルを基本色に他の色を挿してアクセントを付けていきます。


P1070348_convert_20190716213823.jpg

ガンメタル塗装後、スミ入れをし、タミヤのウェザリングマスターFのライトガンメタルを全体にこすります。


P1070349_convert_20190716213848.jpg

くるぶしと胸部パーツはABS樹脂で、ABSにエナメル溶剤を付けると割れてくるらしいので、スミ入れは行わずガンメタル塗装後はウェザリングマスターのみ行いました。


P1070350_convert_20190716213908.jpg

足裏のバーニアはセミグロスブラックで塗装し、マスキングしてからフィニッシャーズのクロームシルバー塗装→クレオスのスモークグレー→最後はガイアのスターブライトゴールドを筆塗りしました。


P1070351_convert_20190716213928.jpg

キットではリアリスティックデカールを貼るよう指示されていますが、塗装で仕上げました。

ガイアのパールカッパーで塗装しました。



P1070352_convert_20190716213945.jpg

外装パーツの中に丸い小さなパーツがあり、穴から中が見えてしまいますので、中から見える所を塗装しました。

タミヤのエナメルのクロームシルバーを筆塗りしました。


P1070353_convert_20190716214004.jpg

アドヴァンスドMSジョイントはパーティングラインを消したところが白っぽくなってしまったので、エヴォブラック塗装してそのままで行こうと思いましたが、艶消し感が強く金属の硬質っぽい雰囲気が無かったので、その上からセミグロスブラックを軽く吹きつけました。


P1070354_convert_20190716214023.jpg

内部フレームにはウェザリングマスターのライトガンメタルをこすっておきました。


P1070355_convert_20190716214042.jpg

足裏パーツを組みました。


P1070356_convert_20190716214058.jpg

足を組みました。一部にはリアリスティックデカールを使用しています。


P1070357_convert_20190716214114.jpg

腕もこんな感じです。
 
スポンサーサイト

RX-78-2 Gundam (BANDAI) 製作 002

内部パーツから処理しようと手を付けていますが、何処をどお処理して行っていいのか行き詰ってきましたので、部分的に仮組してみようかと思います。


P1070337_convert_20190714175803.jpg

足です。内部パーツはほとんど隠れてしまいます。


P1070339_convert_20190714175830.jpg

この丸いパーツの奥が見えます。目立たない所ですが、アクセントとして色に変化を付けてもいいかもしれません。


P1070340_convert_20190714175849.jpg

足裏はこんな感じです。


P1070341_convert_20190714175906.jpg

脚です。全てのパーツは組んでいませんが、感じをつかむにはこんなもんで。


P1070342_convert_20190714175924.jpg

膝裏は内部パーツがかなり見えます。少し色分けしたいと思います。


P1070343_convert_20190714175943.jpg

付根部分も内部パーツが見えますが、ここは腰に隠れそうなのであまり気にしなくても良さそうです。


P1070344_convert_20190714180002.jpg

腕も肘の裏が丸見えです。


P1070345_convert_20190714180019.jpg

肩部分も少し見えます。


P1070346_convert_20190714180037.jpg

胴体はほとんど隠れてしまいます。

各パーツ嵌め合いがきついところと緩いところがあります。接着剤を併用して組立てていったほうが良さそうです。


P1070347_convert_20190714180054.jpg

以上の点を踏まえ、内部パーツの処理(ゲートの処理と見えるところのパーティングラインの処理)を行いました。


少し外部パーツを切り出してみましたが、モールドが浅くゲート処理しただけで消えてしまいそうです。
モールドをもう少し彫らないといけません。先が思いやられます。
 

Lotus 99T (TAMIYA) 完成

P7130001_convert_20190713125159.jpg

 Lotus 99T
 1987 Rd.4 Monaco GP
 31 May Circuit de Monaco
 #12 Ayrton Senna


 この頃のタミヤのキットは初期のタミヤのキットと違い、部品点数をおさえて組立易さを重視した内容のキットかと思いますが、ロータス99Tのズングリとした特徴をよくとらえた良いキットだと思います。

 外観のシンプルなスタイルに反して、エンジン周りは配線や配管が所狭しと貼り廻らされています。少しでもその雰囲気を出したくて、すべてを再現するのは不可能ですが出来るだけ多くのパイピングを施してみました。
 案の定各パーツやカウルが干渉し、想定はしていましたがその処理に手こずりました。

 ボディカラーは実際にはもっと明るいイエローのようですが、自分のイメージの中では少しオレンジがかった濃いイエローがロータス99Tのイメージだったので、濃い色で再現してみました。

 今回の製作での一番のポイントはターボダクトの改修でしたが、完璧とは言えませんがなんとか形になったのではと思います。

P7130002_convert_20190713132058.jpg P7130003_convert_20190713132119.jpg P7130004_convert_20190713132138.jpg P7130005_convert_20190713132156.jpg P7130006_convert_20190713132214.jpg P7130007_convert_20190713132233.jpg P7130008_convert_20190713132250.jpg P7130009_convert_20190713132308.jpg P7130010_convert_20190713151448.jpg P7130011_convert_20190713151520.jpg P7130012_convert_20190713151545.jpg P7130013_convert_20190713151609.jpg P7130014_convert_20190713151631.jpg P7130016_convert_20190713151653.jpg P7130017_convert_20190713151715.jpg P7130018_convert_20190713151736.jpg P7130019_convert_20190713155757.jpg P7130020_convert_20190713155823.jpg P7130021_convert_20190713155850.jpg P7130022_convert_20190713155916.jpg P7130023_convert_20190713155937.jpg P7130024_convert_20190713160001.jpg P7130025_convert_20190713160022.jpg P7130026_convert_20190713160045.jpg P7130027_convert_20190713160107.jpg P7130028_convert_20190713160128.jpg P7130029_convert_20190713160149.jpg P7130030_convert_20190713160213.jpg P7130031_convert_20190713160233.jpg P7130032_convert_20190713160254.jpg P7130033_convert_20190713160316.jpg P7130034_convert_20190713161238.jpg

諸元

タイプ : 1/20 Lotus 99T
全長 : 210mm
全幅 : 105mm
全高 : 50mm
ベースキット : タミヤ GPコレクションNo.57 ロータス99T Honda
ボディ : サーフェイサー : タミヤ サーフェイサーホワイト(ビン入り)
     上塗り : タミヤ TS34キャメルイエロー + TS47クロームイエロー (2:1)
     クリアーコート : ガイア Ex03 Exクリアー
               フィニッシャーズ ウレタンクリアーGP1
デカール : タブデザイン フルスポンサーデカール
リヤウイングステー : 0.2mm洋白板
ミラーステー : 0.5mm真鍮線 + 0.8mm真鍮パイプ
モノコックリベット : スタジオ27 エッチングパーツ
トグルスイッチ : 0.4mm洋白線 + 0.8mmアルミパイプ
ステアリング : スイッチ : 0.64mmプラ棒
         カールコード + 0.29mm真鍮線
シートペルトバックル : タミヤ シートベルトAセット + KA Models
タイヤマーキング : フィニッシャーズテンプレート
エアバルブ : さかつう
ビートストッパー : 0.64mmプラ棒
タイロッド : 0.6mm洋白線 + 0.9mm真鍮パイプ + 1.4mm真鍮パイプ
プルロッド + 0.7mm洋白線
リヤサスペンション : スプリング : 0.6mmスズメッキ線
             ケース : 2mmプラ棒
             スプリングシート : 1mmプラ板
             ロッド : 0.8mm洋白線
アクティブサス : ピトー管 : 0.4mm洋白線 + 0.8mmアルミパイプ + スタジオ27 エッチングパーツ
          アキュムレーター : 3.2mmプラ棒 + 1.5mm六角プラ棒 + 0.6mmプラ棒
シフトリンケージ : 1mm真鍮線
アンテナ : 0.3mm洋白線 + 0.5mm、0.6mm、1mm真鍮パイプ
サイドポンツーンメッシュ : #60真鍮メッシュ + スタジオ27 エッチングパーツ
 

RX-78-2 Gundam (BANDAI) 製作 001

いつもは仮組を行いますが、パーツ数が多いのとスナップキットな為バラす時に破損しそうなので、仮組は行いません。
仮組を行うとだいたいの製作プランが浮かんだり、手抜き箇所が解ったりするんですが、何処から手を付けていったらいいのか解りません。
とりあえず、内部フレームから行きましょう。


P1070325_convert_20190711212512.jpg

これは足裏のパーツで、バーニアのモールドが片側2個ずつ入っています。


P1070327_convert_20190711212538.jpg

上側(前側)のバーニアの中心に穴を開けました。下側(後側)は貫通させず深く彫り込んだだけです。


P1070328_convert_20190711212554.jpg

貫通した側には1.7mmのナットを瞬間接着剤で取り付けました。ABS樹脂なので経年変化で剥がれてきそうです。
後側を買う通させなかったのは、取付ダボが無くなってしまうからで、前側にもありましたが貫通させたので無くなりました。
ダボが一つになってしまいましたが、大丈夫でしょうか?

ここの工作はディテールアップと言うよりも、台座に固定する為のナットを仕込みました。


P1070329_convert_20190711212614.jpg

足裏パーツを取り付ける足首パーツはアドヴァンスMSジョイントで、ナットが入る箇所を彫り込みました。
素材がポリプロピレンなので整形しにくいです。


P1070330_convert_20190711212634.jpg

これは膝付近のパーツですが、モールドが入っているのは膝の裏側でパーティングラインと退けで整形しにくいです。


P1070333_convert_20190711212653.jpg

そのままヤスリとペーパーで処理しようかと思いましたが、上手に整形する自信がなかったので、一旦フラットにモールドを落してからプラ板で再生しました。
 

RX-78-2-Gundam (BANDAI)

作品が完成した後、完成画像を撮るのがいつものルーティンですが、なかなかまとまった時間がとれず、それは後回しにして次のキットに少し手を付けていきます。

次はガンプラです。
ガンブラは子供が小さい時に一緒に作ったことはありますが、本格的にと言うかちゃんと作るのは初めてです。
模型店へ行くと半分くらいの棚はガンプラが占めており、沢山の種類があります。
その中からどれがいいのか?特にガンプラ世代でも無く、当然詳しくも無く物語の背景も全く解らない訳ですが、とりあえす初めてなので、初代のガンダムを作ろうかと思います。


P1070306_convert_20190708222133.jpg

ガンプラ言ってもいろいろなシリーズ展開がされていて、やはり売れ筋なのかそのどのシリーズにも初代ガンダムはあるようです。
一番メジャーなところは1/144と1/100ですが、1/100のMGは私にはちょっと重たいような気がしたので、1/144のRGのガンダムでいこうかと思います。
RG(リアルクレード)と言うシリーズ名に惹かれて、そのまま素組みでもある程度のものは出来るのでは?と思ったからです。


P1070307_convert_20190708222151.jpg

キットの内容を見ると、デカールがなぜかシール式のものしか付属されておらず、これでリアルグレード?と思ってしまいましたが、水転写式のものが別売りででているので、これを使います。(本当はこれくらい付属して欲しいですが。)

当初お店で探しましたが何処にも売っておらず、ネットでなんとか見つけたので購入しました。


P1070308_convert_20190708221005.jpg

これはこのシリースの売りでしょうか?アドヴァンスMSジョイントで、ABS樹脂とポリプロピレンの複合素材になっていて、初めからパーツが組み込まれています。一体どうやって成型しているのでしょうか?
 

Appendix

これまでの訪問者数

検索フォーム

QRコード

QR