FC2ブログ

Appendix

プロフィール

Author:sato-g
セナ、ベルガー、亜久里たちとほぼ同世代のおっさんです。
老後も続けていける趣味としてプラモ製作を始めました。

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Latest Entries

2019 スーパーGT 鈴鹿300Kレース

今日は鈴鹿サーキットへスーパーGTを見に行ってきました。

昨年から鈴鹿のスーパーGTは1000Kレースから300Kになり、今までの耐久よりも少しスプリント化したかな?と言う印象です。
私としてはそちらのほうが好みですが。


img_1558878510.jpg

NGKのゆるキャラ、スパーキー君。 初めて見ました。


img_1558878581.jpg

スープラが展示されていました。

個人的にはあまりカッコイイとは思いませんが。
私は買いません。と言うよりも買えません。 600万位するらしいです。


img_1558878620.jpg

スープラのGT車両も展示されていました。
来シーズンから投入されるのでしょうか?

個人的にはレクサスのほうがカッコイイと思いますが、トヨタもスープラのイメージを作らなけれはいけませんのでね。


img_1558878651.jpg

GT500のオープニングラップ。


img_1558878689.jpg

GT300のオープニング。


img_1558878727.jpg

中盤、GT300の5台による5位か6位か忘れましたが争いが。

GT300は参加台数も多く、車種も多彩でGT500と混走しなくてもこれだけでも充分楽しめそうです。


img_1558878864.jpg

GT500の中盤では3台のLC500のトップ争いが。

トップの関口選手はかなり苦しそうでしたが、良く耐えました。


img_1558878908.jpg

1位のau LC500。


img_1558879023.jpg

2位のキーパーLC500。


img_1558879063.jpg

3位のワコーズLC500。


img_1558879093.jpg

4位はARTA NSXでした。

このNSXすごくカッコイイと思います。
蛍光オレンジとブラックのカラーリングがとてもステキです。 キット化されたら買います。(されないでしょうけど。)

GTR勢はニスモのモチュールGTRがコースアウトリタイヤするなど、良いところがありませんでしたが、今後の巻き返しに期待と言うところでしょうか?


img_1558879136.jpg

GT300ではポールからスタートしたホッピー86が終盤までトップを走っていましたが、タイヤ無交換が仇となったのか、RCFに抜かれてしまいました。


久しぶりのスーパーGT、楽しかったです。
 
スポンサーサイト

Lotus 99T (TAMIYA) 製作 038

今日はロールバーをやります。


P1070073_convert_20190523213251.jpg

これはキットのロールバーです。 当初これをそのまま使用する予定でしたが、段差を消したりするうち、細いところが出て太さが揃わなくなったり円が歪になったりで上手くいかないので自作します。


P1070075_convert_20190523213313.jpg

メインバーはプラ棒を温めて曲げようとしましたが、上手く形が出ないのでプラ板でこんな形のものを削り出しました。


P1070076_convert_20190523213332.jpg

プラ板から削り出したパーツに1.5mmブラ棒を取り付けました。 取付は金属線を入れて補強してあります・


P1070077_convert_20190523213351.jpg

隙間は瞬間接着剤で埋めて均しました。


P1070078_convert_20190523213408.jpg

モノコックへの取付箇所は1mmプラ棒をダボ代わりに取り付けました。


P1070079_convert_20190523213427.jpg

モノコックに仮組します。


P1070080_convert_20190523213446.jpg

斜めのバーは1.3mmプラ棒です。 角度と長さを合わせて流し込み接着剤で仮止めします。


P1070081_convert_20190523213509.jpg

後は瞬間接着剤で隙間を埋めて均しますが、これはまだ成形途中です。

成形途中ですが、今日はここまでです。



昨日、ニキ・ラウダ氏の訃報が入ってきました。

メルセデスAMGのスタッフとしてGPにも顔を出していたんですが、何時からか休んでいたんですね。 残念です。

やはりラウダと言えば1975年からのフェラーリ312Tシリーズの印象が強いです。 F1界にとって偉大なドライバーの愛機だったフェラーリ312Tも近いうちに製作したいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。
 

Lotus 99T (TAMIYA) 製作 037

今日もエンジン周りのパーツを処理していきます。


P1070066_convert_20190518221214.jpg

エキゾーストパイプにはセンサーが取り付けられていますので、0.8mm真鍮パイプとプラ素材でそれらしく再現しておきました。


P1070068_convert_20190518221234.jpg

0.4mm洋白線、0.7mm真鍮パイプ、1mmプラ棒からこんなの作りました。


P1070070_convert_20190518221252.jpg

ここに取り付けます。


P1070071_convert_20190518221309.jpg

カムカバーには0.9mmプラ棒を取り付け、先程自作したパーツとロッドで繋ぎますが、今の時点では長さと角度がはっきりしないので、最終組立の段階で取り付けます。
 

Lotus 99T (TAMIYA) 製作 036

今日は前回の続きを少し。


P1070060_convert_20190516215141.jpg

リード線の先に細切りしたキッチンテープを巻きました。


P1070065_convert_20190516215238.jpg

フューエルパイプですかね? 塗装してから接着するのでまだ接着はしていませんが、こんな感じになります。
 

Lotus 99T (TAMIYA) 製作 035

エンジン周りのパーツにも手を付けていきます。


P1070049_convert_20190515214117.jpg

0.8mmアルミパイプと0.4mm洋白線から作りました。


P1070051_convert_20190515214145.jpg

サージタンクには1mmプラ棒の中心に0.4mmの穴を開けたパイプを取り付けます。


P1070054_convert_20190515214204.jpg

先に自作したパーツを取り付けます。


P1070055_convert_20190515214223.jpg

反対側も同様に。 ちょっとオーバースケールですね。


P1070057_convert_20190515214240.jpg

これはインジェクター付近のパーツです。 少しディテールアップします。


P1070059_convert_20190515214257.jpg

キットパーツでは六角が出ていなかったので、1.5mm六角プラ棒に変えました。 1.5mmそのままでは少し大きいので、ヤスリで少し小さくしています。

とりあえず、今日はここまでです。
 

Appendix

これまでの訪問者数

検索フォーム

QRコード

QR